ビデオカメラ不要。DJI Osmo Mobile 2とiPhoneでの動画撮影がすごい

もうビデオカメラ要らないかもね?

 

DJI Osmo Mobile という機械がすごいんですよ。

 

DJI Osmo MobileというiPhoneに取り付ける機械とiPhoneがあれば、すごい動画が撮れます!

お手持ちのiPhoneに装着するだけで、ビデオカメラになります。

しかも、子供などの対象を自動的に追跡してくれるんです。

すごくないですか?

 

そして、今回、このDJI Osmo Mobileという機械に、新型が出ます!

しかも、

価格は半分!16,800円!

なのに、性能アップ!

です。

 

これはまじで、買いですよ。

中途半端なビデオカメラ買うなら、iPhoneとDJI Osmo Mobileの方が絶対に良いでしょう!

DJI Osmo Mobile 2はスマホ型の「ジンバル」

そもそも、Osmo Mobileとはなのか。

 

これは、ジンバルと呼ばれる物です。

ジンバルとは、動画などを撮影するときに、動画がぶれないようにするための機材です。

 

サッカーの中継なので、カメラ付きのでかい機材を担いでいる人見かけたことないですか?

あれジンバルってやつです。

 

Osmo Mobileは、スマホに付けられる小型のジンバルです。

 

以下は、Osmo Mobileにスマホを取り付けた画像です。

この機械がすごいんですよ。良さを説明していきます。

https://www.dji.com/jp/osmo-mobile-2より転載

DJI Osmo Mobile 2は、どんなシーンで使えるか

子供の運動会、スポーツ、遊んでいるときの動画撮影

Osmo Mobileを装着して動画を撮るメリットですが、まず、動画がぶれなくなります。

 

この装置が手ぶれをビックリするくらい手ぶれを補正してくれます。

 

また、Osmo Mobileがすごい点は、被写体を自動で追跡できるんです。

専用のカメラアプリを使うと、このOsmo Mobileが動いてくれて、被写体を自動追跡します。

 

運動会やサッカーなどでは、子供が動きますよね?

その場合、子供の事を自動で追跡します。

 

Osmo Mobile 1の動画になりますが、以下の動画が分かりやすいです。

 

景色の撮影

Osmo Mobile(のカメラアプリ)では、様々な撮影が可能です。

 

ズームやスローモーションは、「iPhoneのカメラアプリでもできるやん」と思うでしょう?

 

機能はもちろんiPhoneにもあるんですが、前述の「ブレない」というところがポイントです。

ズームすると手ぶれってすごい気になると思うんですが、手ぶれは補正されるので、綺麗なズームが撮れるんですよね。

https://www.dji.com/jp/osmo-mobile-2より転載

 

自撮り棒として

自撮り棒としてもも使えますね。

また、Osmo Mobile2にはバッテリーが内蔵されており、それでiPhoneも純分できるようになっています。

取っ手のところでところにシャッターボタンがありますので、自撮り棒としても使えます。

https://www.dji.com/jp/osmo-mobile-2より転載

用途が広がるオプションが充実!

Osmo Mobileはオプションがとても充実しています。

三脚、固定器具

三脚やOsmo Mobileを立たせるオプションがあります。

これを使うと、固定したまま、撮影モードを追跡モードにすれば、勝手に被写体を追いかけてくれます。

https://store.dji.com/

取っ手部分の延長ロッド

自撮りをするとき、三脚を組み合わせるときなど、高いところから撮りたい場合がありますよね。

その場合、延長ロッドを買えばOKです!

画像では短いですが、実際には1メール以上伸びますw

https://store.dji.com/

 

オプションは、純正品以外に、他のメーカーからも出ています。

アマゾンでたくさん取り扱っていますので、ぜひ検索してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です