夏場も朝まで快眠!寝室にはエアコンとサーキュレーターを置け!寝冷え防止、熱中症対策

夏の夜は本当に寝苦しい。。

皆さん色々と試行錯誤していると思いますが、寝室の温度管理って超難しくないですか?

 

僕も少し前まで同じような感じだったんですが、ついに今年、夏場でも朝まで快適に寝るための方法を見つけました!

寝冷えもしないし、ぐっすり寝ることができます。

 

夏場の冷暖房でのあるあるパターン

 

寝冷えしないためにエアコンの「切りタイマー」を2〜3時間だけセットする。

ただ、エアコンを切れると眠りが浅くなり起きてしまう。

 

朝まで快適に寝るために温度を高めにして、朝までエアコンを付けっぱなしにするが、エアコンがついたり、止まってしまて、途中暑くなる

 

エアコンだと冷えるから窓を開けたり、旋風右記を付けるが暑かったり、冷えてしまったりする。

 

では、どうやって夏場の暑い日に快適に寝ることができたのか。

先に答えを言ってしまうと、

 

  • エアコンは26度〜27度に設定して、朝までずっと付けっぱなし
  • 部屋に首がぐりぐり廻るサーキュレーターを設置して、朝まで付けっぱなし

 

ポイントは、やっぱりサーキュレーターですね。

本当にサーキュレーターの有無で全然違います。

 

サーキュレーターがあることで、部屋の温度が均一になる

快適に過ごすためのポイントは、サーキュレーターです。

 

エアコンだけで部屋を冷やそうとすると、以下の問題が出てきます。

  • 上に暖かい空気、下に冷たい空気が溜まるため、布団で寝ていると体が冷えやすい
  • 部屋の温度が均一にならないため、暑いのにエアコンが止まったり、寒いのにエアコンが動いたりする

 

 

サーキュレーターは、部屋の温度を一定にすることができます。

また、首がぐりぐり廻るサーキュレーターだと、自然な風を適度に体に当てることができるんです。

 

では、サーキュレーターを使うと、どのようになるのか整理してみます。

「上に暖かい空気、下に冷たい空気が溜まるため、布団で寝ていると体が冷えやすい」という問題

サーキュレーターは、上の暖かい空気と下の冷たい空気をかき混ぜて、室温を一定にしてくれます。

そのため、布団で下で寝ていても、必要以上に体が冷えることないんです。

 

「部屋の温度が均一にならないため、暑いのにエアコンが止まったり、寒いのにエアコンが動いたりする」問題

これも上に書いてある理由ですね。

エアコンは部屋全体での気温はわかりませんよね。

最近では、部屋の温度が分かる賢いエアコンもありますが、ちょっと割高たったりします。

サーキュレーターがあれば、自然と部屋の温度が一定になります。

 

温度については、26〜27度だと人によっては少し暑く感じる方がいると思います。

その場合は、サーキュレーターの場所を工夫して、自分に風が当たるようにしてもいいでしょう。

 

首振りのサーキュレーターを購入すれば、ずっと風が当たることもないので、冷えすぎることもないです。

 

寝室にオススメのサーキュレーター

僕のオススメは以下2つのどちらか!

首が上下左右動くサーキュレーターは、少し故障しやすいのですが、寝るときだけしか使わなければ故障率も低くなります。

 

どちらも性能は近しいので、後は形などで選んで頂ければと思います。

ちなみに、うちの無地良品の木の家の寝室でももちろん山善を使っています。

吹き抜けのリビング用のサーキュレーターは、もっと高性能で、イケてるサーキュレーターですw

いくつか記事を書いているので、よかったらご覧くださいませ。

長袖のパジャマはNG夏に快適に眠るための秘訣はエアコン、サーキュレータ、長袖パジャマパナソニックの加湿器用洗剤加湿機の掃除でまだクエン酸使ってるの?専用洗剤なら臭いも落ちる浴室暖房は取り付け不要。シャワーや浴槽の湯気で事前に十分暖まる。浴室暖房は取り付け不要。シャワーや浴槽の湯気で事前に十分暖まる。リビングと廊下の間仕切りのバーチカルブラインド(締めたところ)バーチカルブラインドの選び方と取付方法。リビングをおしゃれに。冬のお風呂場と洗面所を暖かくするオススメ暖房。寒さはコレで解決吹き抜けで後悔?心配無用!冬も夏も快適に過ごせる冷暖房術

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です