壁掛けテレビの取付けで後悔しないために知るべき事。壁の補強

無印良品の木の家は、建ててよかったなーと思える家です。

間取りも好きに決められるし、満足度高しです(^o^)

ただ、いざ、建ててみると、「ここはこうしておくべきだったー!!」というところが結構あります。

考慮不足ってことですね。

ということで、他の人がもっと良い無印良品の木の家を建てられるように、やっておけばよかった[後悔シリーズ]を始めたいと思います。

第一弾は壁掛けテレビです。

壁掛けするには補強が必要だった

聞いたときはなかなか衝撃的でしたね。

やっちまったー!という感じで、結構凹みました。

元々、TVは壁掛けにするつもりはありませんでした。

なぜかというと、ウッド調のオシャレなTVボード置いて、その上にテレビを置けばいいと思ったからです。

ただ、しばらくしたら、

Makochan

そうだ、テレビを壁掛けにすれば、TVボードの上に色々おけるようになるな

と思いました。

そして、無印良品の方に相談したら・・・

壁を補強していないとそのままでは取り付けできません

無印良品さん

な、なんやて!😱

時既に遅し、もう無印良品の木の家は、ほぼ出来ている状態でした(笑)

TVは結構な重量があります。

壁の裏をきちんと補強していないと、テレビが落ちてしまう可能性があるということです。

考慮すること

大きく分けて2つあると思います。それぞれ解説します。

将来設置しそうなところを考える

無印良品の木の家はリビングがとても広いのが特長の一つです。

また、リビングだけでなく、寝室などの各部屋も白い壁になっており、シンプルな作りです。

そのため、家具を設置する場所の自由度がとても高いんですよね。

なので、将来的にここに壁掛けテレビ置くもなーというところは、事前に考えて、無印良品の家の方に伝えるようにしましょう。

僕らの無印良品の木の家は、まだ大きな模様替えはしていませんが、将来的には家具の場所を大きく変えても良いかなと思っています。

TVのサイズ

テレビを壁掛けにするなら、間取りにも影響が出てくるかもしれません。

それなりに大きなテレビを壁掛けにするためには、大きな壁が必要です。

補強していなくても大丈夫!

補強していない・・・でも大丈夫です。壁掛け風にできます。

そんなときに使えるのが、壁掛け用のスタンドです。

壁掛けのように見えますし、かなりスッキリしていて、無印良品の家にも合いそうなのが多いです。

ぜひご検討あれ(^o^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です