「やりたい仕事」と「自分に合う仕事」のミスマッチは誰にでも起きる

少し前に思い立って、転職をしました。

転職前はソフトウェア開発の会社でマーケティングの仕事をしていましたが、自分でサービスが作れるようになりたいと思い立ち、会社を辞めて、プログラマーの道に進みました。

その頃既に32歳でしたが、やるか迷っているなら挑戦しておくべだと思い、この道に進むことを決めました。

幼い頃から技術が好きで、社会人になったところはエンジニア(技術職)だったということもあり、ワクワクしながら転職しました。

プログラマーになる際に、一気に力を付けるために、短期集中型のプログラミングスクールに通いました。

とても楽しく、かつ、実践的なプログラミングが学び、プログラマーとして無事に転職できました♪♪

が、就職して、暫くすると、「ん・・・楽しいけど、なんか違うな。。」と。

もっと人と話しながら仕事したいな、客先にも行きたいな思うようになってきました。

転職をした理由は、開発者になってサービス作りたい!と思いもあり、好きなことを仕事にするつもりだったので、これは僕にとって想定外でした。

人と話す機会が多かったのでそれに慣れてしまったかどうかは分かりませんが、成りたくて、やりたくて、プログラマーになったのに、こんなことある!?と。

と、先日、ちきりんさんの本を読んでいたところ、ちょうど似たようなことが書いてありました。

よくある失敗例のひとつは 「勉強が好きだから 」という理由で研究者への道 (博士課程への進学 )を選ぶパタ ーンです 。

ちきりんの知人にも 、そう考えていったんは研究者を目指したものの 、途中で 「やっぱりこの仕事は自分には向いていない 」と気がつき進路変更をした人がたくさんいます。

彼らが口々に言うのは 、 「狭い分野をひたすらに深く掘り下げる仕事より 、幅広く世の中の事象を見たり聞いたりする仕事の方が好きだとわかった 」ということです。

また 「自分には 、 1人で思索を続ける仕事より 、大勢で話し合いながら進める仕事の方が合っていた 」という人もいます。

彼らの仕事選びのフィルターは次のように変化したのです。

最初に使われたフィルタ ー

「勉強が好きか嫌いか 」 「その分野について強い興味があるかどうか 」

あとから気がついたフィルタ ー

「狭く深い仕事か 、広く浅い仕事か 」 「おもに 1人で取り組む仕事か 、チ ームで働く仕事か 」

詳細はぜひ、本をみて頂ければと思いますが、こういうことは不思議なことではないんだなぁと。

自分のフィルターは、実際に行動して、経験してみないと分からないということ。

子供のうち、若い内に可能な限りたくさんのことを経験させる意味はこういうことかと。

今はプログラマーをやりつつも、人と多くコミュニケーションがとれる仕事に就くことができて満足していますが、やっぱり何でも動いてやってみないといけないなと改めて感じた32歳でした。

ちきりんさんの本はこちらです。

とても読みやすいなので、サクッと読めちゃいます。オススメです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です