仕事・転職で重要なスキルの1つは「自分で考える力」

1年ほど前に10年ほど勤めていた会社を辞めました。

これまで、

・エンジニア

・マーケティング

などの職種を経験しました。

その後、自分でアプリ等が作れるプログラマーになりたいと思い、転職決意!

一気にプログラミングスキルを身につけるために人生を変える1ヶ月【TECH::CAMP(エンジニアスクール)】に通いました。

その後、就職も無事にできたのですが、色々あって、また転職することになりました。

その際に、せっかくの機会だと思って、マイクロソフトとか色々受けたんですね。

結構いいところまでは行くのですが、結構最終で落選。

その時に感じたことは、仕事や転職でもっとも重要なスキルの1つはは、「自分で考える力

もっとも価値のあるポータブルスキル(どこでも通用する力)の1つだとだと確信しました。

自分で考える力

転職の面接で質問されて答えるとき、自然と正解を考えていませんか?

自分の考えでは無く、正解を探してしまうときってあると思うんですよね。

でも、これが染みついていると、面接で答えが無いような質問をされたときに、全然答えられません。

答えがあっているかとかなんてどうでもよくて、自分で考えて、導いたことが重要で、合っているかとかは結構どうでも良い。

また、仕事で大きな壁にぶち当たったときや仕事を任されたときなど、自分で考える思考がないと、かなり厳しい状況になります。

本当に考える力は重要で、職種を問わず必要になるスキルです。

また、普通の生活でも役立ちます。

様々な情報が入ってくる中で、何を信じて、どうやって見極めるか。

では、自分で考える癖はどのように付けたら良いでしょう?

僕もまだまだ修行中ではありますが、この本がオススメです。

普段みているニュースで、グラフや数値が載っているときありますよね?

情報を見た時に、「そうなんだ〜」で終わりにせず、その情報から自分でこの先どうなるのか、なぜこうなったのか、などを考える癖を付けることなどを推奨しています。

読みやすいのでサクッと読めちゃいます。おすすめです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です