石焼き芋鍋 いも太郎 を使った美味しい焼き芋の作り方!ホクホクうますぎる

家で美味しい焼き芋が食べたくて、少し前に石焼き芋鍋「いも太郎」を買いました!

 

先日、早速、石焼き芋鍋 いも太郎を使って、美味しい焼き芋を作りましたので、いも太郎を使った美味しい焼き芋の作り方を紹介します!

石焼き芋鍋「いも太郎」とは?

石焼き芋鍋 いも太郎は、家で美味しい焼き芋が簡単にできる、石焼き芋のお鍋です。

家で簡単に、美味しい焼き芋が作れちゃます。

石焼き芋のお鍋なんですが、サツマイモ以外にも、じゃがいもや栗でも使えるんです。

 

栗はぜひやってみたい・・・

石焼き芋鍋:いも太郎パッケージ

石焼き芋鍋の評価:アマゾン

 

詳細はこちらでも紹介しています。

石焼き芋鍋、いも太郎美味しい焼き芋の作り方。お家で簡単にホクホクの焼き芋が作れます。

まずは、購入した石焼き芋鍋「いも太郎」を開封!

せっかくなので、開封から紹介していきますw

いも太郎はこんな感じの箱に入っています。

ニューセラミックス!

いも太郎の箱

 

いも太郎の箱の横には、いも太郎の魅力と特長が書いてありました。

ニューセラミックスが、どうやら重要らしい・・・

一言で言うと、熱が良く中に伝わるので、焼き芋にピッタリということかな(雑w

いも太郎の特長

 

開封すると、石焼き芋鍋のいも太郎本体と石が入っていました。

鍋は大きすぎず小さすぎず、丁度良い大きさですね。

あんまり大きいと収納も大変ですからね〜

いも太郎本体と石

 

石焼き芋鍋「いも太郎」を使って、美味しい焼き芋を作る方法

まずは、美味しい焼き芋の作り方の説明書を確認

説明書がありましたので、その方法に従って、作って参ります(^o^)

手順としては、

  1. いも太郎の中に石を敷き詰める
  2. サツマイモをセットする
  3. 強火で加熱する
  4. 焼き芋の上下をひっくり返す
  5. 焼き芋の中を串がスッと通るまで、何回か焼き芋をひっくり返す作業を繰り返す

のような感じです。

いも太郎を使って美味しい焼き芋を作る方法

 

鍋の下に敷く石を洗う

まずは、石を洗います。

いも太郎の石

 

2袋分の石を洗って、いも太郎の鍋底に敷き詰めました。

丁度良い量ですね〜。

いも太郎の鍋底に石を敷き詰める

いも太郎の鍋底にサツマイモをセット!4〜5本は入りそう

まずは、石を洗います。

洗ったサツマイモを、いも太郎の中にセット!

一人用の焼き芋が、3〜5本くらいは入りそうなサイズ感です。

以下の写真ではサツマイモを3本入れていますが、積めてあげれば5本くらいは入りそうです。

いも太郎の中にサツマイモをセット

 

蓋をしてセット完了です。

いも太郎の準備完了

 

強火で10分ほど鍋を加熱!様子を見てみると、焼いた感じになっている!

まずは強火で10分ほど鍋を加熱しました!

なんか良い感じに色になっています!

いも太郎で10分加熱した焼き芋

 

 

説明書通り、焼き芋を上下反転させていきます。(動画とってみました。)

 

弱火で10分ほどさらに加熱(合計20分の時点)

さらに10分火に掛けましたところ・・・焼き芋感でてきたw

表面が黒くなってきています。

いも太郎で20分加熱した焼き芋

 

いも太郎で、合計20分加熱したところで、焼き芋を試食!

上記の通り、20分火に掛けるともう良い感じでした。

もうちょっと火に掛けようかと思いましたが、一旦食べてみることにしました♪

いざ包丁で切ってみると・・・・

 

 

いも太郎で作った焼き芋!

 

いい色しとる!しかも、うまいっ!

この時点でも美味しかったですが、まだもうちょっと火に掛けてもよさそうな感じです

ということで、さらに火に掛けていきます。

 

いも太郎で、さらに10分に加熱(合計30分)

さらに10分火にかけて、合計30分。

触ってみるともう結構柔らかかったので鍋から救出!

30分経った焼き芋がこちらです。(ちょっと色鮮やかですw)

いも太郎で作った焼き芋!完成形

 

いも太郎で、合計30分した加熱した焼き芋!うますぎるっ

ということで、焼き芋のを皮を剥いてみます。

すると・・・・

 

 

 

ほくほくの焼き芋

 

きちんと中まで火が通っている!

この感じ、まさに外で食べる石焼き芋。

 

そして、さらに皮を剥いてみると・・・・・

 

ほくほくの焼き芋

 

見るからにうまそうな焼き芋ですw

食べてみると本当に美味しかった!

これはレンジでチンするより、圧倒的にうまいですね〜〜!

あまりにも大きすぎる芋は、時間がかかるので注意しよう

先日、ものすごい立派な焼き芋をもらったため、いも太郎を使って焼き芋を作ってみました。

サツマイモをいも太郎を中に入れた写真がこちらです。

相当でかいですw

 

しかし、大きすぎたためか、火が通るまでに時間かかりそうでした。

また、何回も中で回転させていたら皮が破けてきてしまったので、急遽アルミホイルを巻いて、いも太郎で作ることにしました。

 

そして、焼き初めて50分程度経ったところで、竹串がスッとはいるようになったので取り出してみました。

中まで良い感じに火が通ってそうで、とても良い香りが♪

 

包丁で輪切りにすると、中まで完全に火が通っており、ホクホクの焼き芋が出来ていました♪

8ヶ月の子供に食べさせてたら、あっという間に食べてしまいました・・・w

 

いも太郎を使った美味しい焼き芋の作り方のまとめ

最後に、いも太郎を使った美味しい焼き芋の作り方を整理してみます。

  • 芋太郎には、一人用のサツマイモ3本くらいが丁度良さそう。最大でも5本くらいまで。
  • 強火で10分、弱火で20分、合計30分くらい加熱するのが丁度良い
  • 厚みがあると、中まで火が通るのに時間がかかるため、芋はちょうど良い大きさのサツマイモがおすすめ。
  • いも太郎で作った焼き芋は、めちゃくちゃ美味しい!

以上です。

いも太郎、オススメですよ♪

 

石焼き芋鍋は、お値段も3000円程度で購入できます。

アマゾンと楽天で売っていますので、詳細は、いつも購入している方でご覧くださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です