九州と四国を満喫!大分〜愛媛〜香川のおすすめ旅行コース3日目

2017年11月25日〜27日にかけて、大分、愛媛、香川に旅行に行ってきました。

1日目の詳細はこちら

九州と四国を満喫!大分〜愛媛〜香川のおすすめ旅行コース1日目

2日目の詳細はこちら

九州と四国を満喫!大分〜愛媛〜香川のおすすめ旅行コース2日目

そして最終日の三日目は、四国の香川の観光です(^^)/

四国:香川:3日目

豊稔池(ほうねんいけ)ダム

朝9時頃にホテルをチェックアウトして、レンタカーで香川に向かいます。

金刀比羅宮に行く予定でしたが、道中で観光地を探していると1つ良さそうなところを発見!

豊稔池(ほうねんいけ)ダムです。Wikipediaによると、

香川県観音寺市にある現存する日本最古の石積式マルチプルアーチダム。

2006年(平成18年)、国の重要文化財(建造物)に指定されている(指定名称は「豊稔池堰堤」)。

とのこと。たしかに歴史があるダムでした。

次は放水するときに行ってみたい!

金刀比羅宮(こんぴらさん)

次は金刀比羅宮(こんぴらさん)です!

とても有名な観光名所ですね!

長い階段があり、参道口から本宮まで1000段以上の階段を登る必要があります。

「さぬきこんぴらさん」で有名な金刀比羅宮は、象頭山の中腹に鎮座し、古来より海の神様、五穀豊穰・大漁祈願・商売繁盛など広範な神様として全国津々浦々より、善男善女の信仰をあつめてまいりました。

参道口から御本宮までは785段、奥社までは1,368段の石段があり、参道には旧跡や文化財が多数あります。また、裏参道は、春は桜、初夏のつつじ、秋の紅葉など四季折々に変化し、悠久の時の流れは今もかわることなく、穏やかに過ぎてゆきます。

琴平町観光協会のHPより
http://www.kotohirakankou.jp/spot/entry-53.html

車で近くまで行き、駐車場に車を停めて、本宮に向けて出発です!

あ、なお、駐車場は山のようにあります(笑)

観光地あるあるで、お店の駐車場が1日500円で停められるような感じです。

登り初めは階段の左右にお店がたくさんありました。

お店を見ながらだと、疲れも感じなくてよいですよ♪

それなりに上のところまでいくと、神社っぽくなってきます。

途中には紅葉している木が何本もありました。

記念にパシャリ。

20〜30分くらい歩くと本宮に到着です!

本宮は立派で見応えがあり、頂上からの景色もとてもよかったですよ〜

また、麓の参道口の方でお土産も購入しました。うどんを爆買しました(笑)

僕たちは、成田からジェットスターで来たのですが、LCCは荷物が多いと結構高く付きます。

なので、お土産を買ったところでそのまま宅急便で送っちゃいました。

善通寺市 白川うどん

お腹が空いてきたので、昼食にしました!

香川と言えば、うどん以外ありえないでしょう(笑)

検索すると、白川うどんというところがヒット!

早速行ったのですが、行った時間が遅かったせいで、トッピング系と釜揚げが品切れでした。

結局、普通のかけうどんをチョイスしました。

ダシの味が結構強かったですが、とても美味しかったです♪

ネギとショウガを入れまくりました(笑)

釜揚げたべたかったなぁ〜〜

特別名勝 栗林公園(りつりんこうえん)

飛行機の時間が迫ってきましたが、まだ時間が少しあったので、観光名所が無いか探していると・・

栗林公園(りつりんこうえん)がヒット!

栗林公園は、国の特別名勝に指定されている文化財庭園の中で、最大の広さを持つ栗林公園は、高松藩主松平家の別邸として、歴代藩主が修築を重ね300年近く前に完成しました。

緑深い紫雲山を背景に6つの池と13の築山を巧みに配し、江戸初期の回遊式庭園として、すぐれた地割り、石組みを有し、木石の雅趣に富んでいます。

春夏秋冬と四季折々の風物にも恵まれ、ここに咲く花々は、一千本もの見事な手入れ松とともに一歩一景といわれる変化に富んだ美しさを醸し出します。

うどん県旅ネットより抜粋
https://www.my-kagawa.jp/ritsuringarden/feature/ritsuringarden/garden

キレイなところは大好きなので早速向かいます!

さすが有名どころは違いますね。紅葉していてとても良い!

しかも夜になるとライトアップされるようです。

めちゃくちゃ大きい銀杏の木を発見!こちらも夜になるとライトアップされるようです。

圧巻!

松山空港

ついに帰りです。さみしぃ〜!

空港では、うどんをもう1杯食べました(笑)

以上で二泊三日の大分〜四国旅行は終了です。

 

四国については、もう一泊しても良かったかな〜と。

ぜひまた行きたいところでした!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です