牛乳の素朴な疑問:成分無調整と成分調整って何?

「成分調整牛乳」と「成分無調整牛乳」って何か知っていますか?

一体何をして、成分調整しているんでしょう?

成分無調整牛乳

Meijiのサイトによると成分無調整牛乳とは、

成分無調整とは、読んで字のごとく製造工程で成分を調整していないもの。いわゆる牛乳はすべて「成分無調整」です。

とのこと。

なんか当たり前のこと書いてありました(笑)

まぁそのままの牛乳ってことですね。

たしかに、少し薄い牛乳もあれば、濃い牛乳もありますものね。

成分調整牛乳

では次に成分調整牛乳です。

成分調整牛乳とは、生乳から水分、脂肪分、ミネラルなど、乳成分の一部をとりのぞいて、成分を調整した牛乳のこと。

平成15年に食品衛生法に基づく「乳及び乳製品の成分規格等に関する省令」(以下、乳等省令)が改正され、<種類別>成分調整牛乳が新設されました。

無脂乳固形分(牛乳から乳脂肪分と水分をのぞいた成分)は8.0%以上と決められています。乳脂肪分の規定はありませんが、市販されているものは1.5 %を超えるものとなっています。

とのこと。同じくMeijiのサイトからの抜粋です。

成分調整といっても、結構差がありそうですね。

成分調整牛乳にも2種類ある

成分調整牛乳にも2種類あるみたいです。

  1. 低脂肪牛乳
  2. 無脂肪牛乳

同じく、Meijiのサイトによると、差は以下2つのよう。

 

低脂肪牛乳

生乳から脂肪分の一部をとりのぞいて、乳脂肪分を0.5 %以上、1.5%以下にしたもの。
たんぱく質やカルシウムなどは普通の牛乳と変わりません。

無脂肪牛乳

生乳からほとんどの脂肪分をとりのぞいて、乳脂肪分を0.5%未満にしたもの。

牛乳も結構いろんな種類があるのですね〜

でも僕は成分無調整の牛乳が好きですw

スゴい!ミルク泡立て器のクリーマーおすすめはHARIOだ!【自宅で簡単ラテアート】 【ふわふわの泡】HARIO ミルククリーマーを使ってみたよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です