全自動コーヒーメーカーをお掃除!内部はクエン酸洗浄、他はブラシで

全自動コーヒーメーカーのシロカ(Siroca)最高!

少し前に購入した、全自動コーヒーメーカーSicoca SC-C111で、挽き立てのコーヒーを楽しんでいます♪

休日の朝は、シロカで入れたコーヒーを飲むのが楽しみであります 😀

 

さて、今回は、このコーヒーメーカーのお掃除をすることにしました。

結構使っているので、コーヒーメーカー内部のお掃除、お手入れもがそろそろ必要かなと。

長く使いたいですからね♪

シロカのコーヒーメーカーSC-C111を半年使用。最高だけど弱点もあり

 

コーヒーメーカーの掃除方法は、説明書を見たり、Webで調べると、メーカー問わず、ほぼ決まっているよう。

今回は、僕が愛用しているシロカの全自動コーヒーメーカー SC-C111をキレイにお掃除していきます。

コーヒーメーカーをお掃除する際のポイント
  • コーヒーメーカーの内部は、クエン酸を溶かした水で洗浄しましょう。
  • 全自動独自のミル部分は、部品を取り外して、ミル掃除用のブラシを使って掃除しましょう。
  • コーヒー豆の容器部分やその他のところは、フキンを使ってお掃除しましょう。

全自動コーヒーメーカーのお掃除をしないと、コーヒーの味や風味が落ちるかも!?お掃除の重要性

そもそも、コーヒーメーカーのお手入れはなぜ必要なのでしょう。

お掃除が必要な理由は、大きく分けて3つです。

  1. コーヒー豆を挽くミル部分にコーヒーの粉が溜まり、故障の原因になる
  2. ミル部分に古いコーヒーの粉が溜まりコーヒーが酸化、味や風味が低下する
  3. 水垢(炭酸カルシウム)がコーヒーメーカー内部に付着し、詰まってしまい、お湯の出が悪くなる

 

(1)については、全自動コーヒーメーカーだからこそ、掃除しないといけない部分になります。

コーヒーを挽くミル部分がないコーヒーメーカーには通常は無い部品です。

ただ、ミル部分の掃除は簡単です。

後述しますが、少し固めのブラシ(ミルブラシ)でササッと掃除をしてあげるだけかと思います。

 

また、(2)は、避けたいですね。

コーヒーメーカー購入した理由として、美味しいコーヒーを飲みたい!と思って購入した方もいると思います。

酸化による味への影響の補足

カフェルテというサイトに、酸化した場合の影響が書いてありました

この油分は時間が経つとともに、空気中の酸素と結びつき「酸化」を起こします。酸化は食品の品質や香りを低下させるため、コーヒー豆の味(鮮度)が落ちる原因は油分の酸化による影響が特に大きいのです。

酸化により劣化したコーヒー豆は、ひとことで言えば「すっぱく」なります。コーヒー豆が持つ本来の酸味とは異なり、舌がピリピリするような、後に残るいやな酸味です。

参考 コーヒー豆は劣化するカフェルテ

 

(3)については、全自動コーヒーメーカーを含め、一般的なコーヒーメーカーにも言えることです。

水道水を使っていると必ず水垢、湯アカが着します。

水垢の正体は、炭酸カルシウムという物です。

これはコーヒーメーカーだけでなく、電気ポットなどにも言えることです。

白いカスみたいなものがありますよね?

あれが酸化カルシウムです。

水垢を放っておくと、お湯の出が悪くなったり、最悪故障の原因となります。

 

このようにきちんとお手入れをしない場合、故障の原因になったり、コーヒーの味が低下する可能性があります。

コーヒーメーカーを使って、長く、美味しいコーヒーを飲むためには、定期的なお手入れは必要ですね!

全自動コーヒーメーカーを掃除する際に必要なものは、「クエン酸」と「ミルブラシ」

コーヒーを挽くことのできる全自動コーヒーメーカーを掃除する場合、2つのアイテムが必要です。

  • クエン酸:内部洗浄用
  • ミルブラシ:ミル部分などの複雑な形をした部品を掃除するするため

 

1)クエン酸:コーヒーメーカーの内部を洗浄するため

まず必要な物はクエン酸です。

クエン酸は、炭酸カルシウムを溶かすという力を持っています。

つまり、酸化カルシウムを使うことで、コーヒーメーカー内部の酸化カルシウムを洗浄してくれます。

 

具体的な洗浄方法はとても簡単で、

  1. クエン酸をぬるま湯に溶かす
  2. ぬるま湯をコーヒーメーカーの水のタンク部分に注入
  3. コーヒー豆を入れずに、そのままドリップ

という手順です。

僕が愛用しているシロカの全自動コーヒーメーカー SC-C111の場合、1回に15グラムのクエン酸を入れて下さいとありました。

1回に4杯のコーヒーを作れるので、15グラム前後入れておけば問題無いでしょう!

 

クエン酸は、ホームセンターでも売っていますし、アマゾンや楽天でも売っています。

小分けのクエン酸や大容量のクエン酸、どちらを買っても良いと思います♪

 

なお、僕は小分けをクエン酸を購入して使っています。

理由は、クエン酸をそこまで使うときがないですし、掃除するときにサッと1袋取り出した方が楽だからですね。

電気ポットや電気ケトル等があるご家庭は、大容量タイプを購入するのがお勧めです。

2)ミルブラシ:ミル部分などの複雑な形をした部品を掃除するため

2つめに必要な部品がミルブラシです。

名前の通りで、コーヒー豆を挽く、ミル部分を掃除するために使います。

コーヒーメーカーのミル部分のカス

見ての通り、コーヒー豆の挽いた後の残りカスが結構貯まっています。

これがどんどん酸化していき、コーヒーの味を低下させる原因となります。

こういうところを、ミルブラシで掃除します。

 

また、コーヒー豆を挽いた後の粉が出る部分にもカスは付着します。

このあたりもミルブラシで掃除することが重要です。

全自動コーヒーメーカー シロカのミルの裏側

全自動コーヒーメーカー シロカSC-C111を実際に掃除してみた。

それでは、実際にシロカの全自動コーヒーメーカー SC-C111を掃除してきます。

1)コーヒー豆を全て取り出す

まずは、コーヒー豆を入れる部分から、全てコーヒー豆を取り出します。

ミル部分に食い込んでいるコーヒー豆は、ピンセットか何かで取り出します。

全自動コーヒーメーカーシロカのコーヒー豆を入れる部分

 

2)ミル部分のパーツを取り出して、ミルに残っているカスを掃除

次にミル部分を取り出します。

(シロカは簡単に外れるようになっています。お手入れが楽!)

 

このように粉が付着しているので、ミルブラシで綺麗に掃除していきます。

 

また、同時に、ミルを取り外した部分もミルブラシで掃除します。

コーヒーのカスが残っていますので、内部に落としてしまいます。

シロカのミルの掃除

 

また、コーヒー豆を入れる部分も油っぽくなっているので、綺麗にしましょう。

結構汚れていますね・・・。

僕はキッチンペーパーでお掃除しました。

 

ミルブラシして、キッチンペーパーで拭いたら、ここまでピカピカに綺麗になりました♪

全自動コーヒーメーカーシロカのミル部分の掃除完了後

3)コーヒー豆を挽いた後の粉が出る部分もブラシで掃除

次は、挽いたコーヒー豆が出てくる部分を掃除します。

だいぶ汚れていて、古い粉が付いてそうな感じです。

ここもミルブラシでササッと掃除していきます。

全自動コーヒーメーカー シロカのミルの裏側

 

ミルブラシで掃除したら、こんなにコーヒー豆の粉(カス)が出てきました!

ミルブラシで掃除した時のカス

 

掃除したら、ミルブラシで掃いて、キッチンペーパーで拭き取ったら、ここまで綺麗になりました♪

4)フィルター部分などを掃除

次はフィルター周辺の掃除です。

こちらは拭いたり、フィルター部分を取り外して、普通に洗浄しましょう。

 

5)クエン酸を溶かしたぬるま湯を準備、クエン酸水でドリップして内部を洗浄

さて、それでは、全自動コーヒーメーカー Sirocaの内部を洗浄していきます。

コーヒーメーカーの内部はクエン酸を使います。

僕は、近所のホームセンターで、小分けタイプのクエン酸を購入しました。

 

中を開けると、クエン酸が小分けにされています。

1回で20グラムありましたが、15グラムでOKです。

これをぬるま湯に溶かしていきます。

 

ぬるま湯にクエン酸と溶かしたら、コーヒーメーカーの水のタンクにクエン酸水を入れます。

 

そして、コーヒー豆を入れない状態、粉からコーヒーを抽出するモードで、ドリップします。

 

コーヒーがないので、もちろん、お湯だけ出てきますw

内部が洗浄されていることを願いましょうw

6)クエン酸を完全に取り除くため、通常の水でドリップ

クエン酸水を使ってのドリップが終わったら(内部の洗浄が終わったら)、普通の水を使って、コーヒー豆を入れずに、3回程度、ドリップします。

機器内部にクエン酸が入っている可能性があるので、完全に取り除くためです。

 

クエン酸は人体にとっても無害です。

が、購入したクエン酸の粉末によっては、何か別の素材が含まれている可能性があります。

そのため、念のため、何度か水だけでドリップします。

 

以上となります。

内部洗浄は、一ヶ月に1度くらいのペースで行うことが推奨されているようです。

コーヒーを美味しく飲むため、コーヒーメーカーを長く使うためにも、お手入れはきちんとやっていきましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です