REALFORCEのキーボードとFILCOの木製リストレストの組合せが最強すぎる

先日、REALFORCE TKL for Mac / R2TL-JPVM-WHのキーボード購入しました。

REALFORCEのキーボードはキーを打った感じとてもいいのですが、高さが少し高いんですよねぇ。。

Macの純正のキーボードを使っていたので、高く感じますw

 

そこで、キーボードのアームレスト(本当は、リストレストやパームレストというらしい)の購入を検討。

探しまくったら、キーボードのメーカーで有名なFILCOのアームレスト(パームレスト)を発見。

購入したら高さがマジでピッタリで、REALFORCEのキーボードが超打ちやすい!w

これ、REALFORCE用なの?というくらい、オススメで良いアームレストでしたので、使った感想などを詳しく紹介していきます。

realforce のキーボードにFILCOのアームレストを使ってキーボードを打っている図

MacのMagic Keyboardはコンパクトなんだけど、指が微妙に疲れる。。

僕はMacbook Proを使っているのですが、家や会社にいるときは、クラムシェルモードにして、Macbook Proを使っています。

なので、キーボードやトラックパッドは別で用意しています。

キーボードは、これまでMagic Keyboardを使っていたのですが、超時間文字を打っていると結構疲れてくるんですよね。

Mac純正のBluethoothキーボード

 

そこで、HHKBやREALFORCEのMac用キーボードでないかなぁ。。。と思っていたら、いつの間にかREALFORCEからMacのモデルが出ていました!

HHKBにもMac用があるのですが、打った感じが微妙なLiteモデル。

Liteは以前購入して微妙でしたw

スコッ!って音が全くしないんですよねぇ・・・

 

そのため、HHBK LiteのMac版は購入せずにスルーしていたら、ちゃんとしたMac用キーボードがREALFORCEから誕生!

日本語はモデルが2つあるのですが、悩んだ結果、僕は変荷重のモデルを購入しました。

中央が30gだと軽すぎるのと価格も少し高いんですよね。

realforce for macの日本語モデル2つ

https://www.realforce.co.jp/products/index_office_mac.htmlより引用

REALFORCE for Macのキーボード購入!使いやすいが、高さがちょっと高い

ということで、REALFORCE TKL for Mac / R2TL-JPVM-WHを購入。

ウキウキしながら、キーボードをパソコンデスクに設置しました!

REALFORCE TKL for Mac / R2TL-JPVM-WH

ホワイトとシルバーの組合せはスッキリしていて、高級感もあり、最高ですね。

で、早速文字を打ち始めたのですが、、、

「あれ、、打ちやすいけど、なんかキーボードの高さがしっくりこない」

Macのマジックキーボードに慣れて過ぎていたのかもしれませんが、思ったよりキーボードの高さが高くなんか打ちづらく感じました。。

realforce for macを買ったけど、ちょっと高さが高い

悪くはないんですが、手首がクイッと上に曲がっているのでなんか違和感があるんですよね。。

そこで、REALFORCE for Macのアームレスト(本当はパームレスト、リストレストというらしい)の購入を検討することにしました。

REALFORCEに最適なリストレストを探す。黒は汚れが目立ち、生地はボロボロになる問題

REALFORCEにぴったりのキーボードを探し始めたんですが、アマゾンで検索したらめちゃくちゃ種類が出てくる・・・w

どれを選んで良いか、かなり迷っちゃいますよねぇ。。

キーボードリストレストの種類

https://www.amazon.co.jpyより引用

 

で、評価が高く、良い感じのキーボードリストレストだと、以下3商品がありました。

どれも比較的お安く、色も黒で良い感じだし、低反発素材のため、とても使いやすそうに思えます。

 

上記3商品、もちろん悪くないと思うんですが、いまいちな点がいくつかあるんですよね。。

  • 黒のため汚れが目立つ
  • 表面がゴムや生地だと、超時間使うと劣化し、汚い
  • 飲み物などをこぼしたときは、中に染みこむ可能性があり、買い換える必要がある

上記の理由から、上で紹介した3製品の購入は見送りました。

FILCOの木製のキーボードリストレストがいい!格好いい、汚れない、ずっと使える

その後、さらにキーボードのリストレストを探していたところ、ついにまさに求めていたアームレストを発見

それがFILCOの木製のキーボードリストレストです。

 

なんと、これ、木製なんです!

FILCOの木製キーボードリストレスト

https://www.amazon.co.jpより引用

 

かっこいい・・・。

そして、アマゾンの口コミも高評価でした。

口コミ
FILCO 木製キーボードリストレストの口コミ

https://www.amazon.co.jpより引用

FILCO 木製キーボードリストレストの口コミ

https://www.amazon.co.jpより引用

 

多少悪い口コミもありましたが、値段に関することでしたね。

ただの木なのに、3000円ちょっともするのか。。と。

それなら、どうぞ自作してくださいって感じですねw

 

汚れないし、飲みのをこぼしても拭くだけ、そして、キーボードで有名なFILCOから出しているのだから間違いない。

また、アマゾンのレビューでREALFORCEで使っている人のレビューがあったので、これは買いだ!と思い、購入に至りました。

FILCOのキーボードリストレストを購入!REALFORCEがさらに良い物になった!

FILCOの木製のキーボードリストレストを購入

FILCOのキーボードリストレストをアマゾンで購入しました。

購入したものがこちらになります。

格好いい箱に入っていました。

FILCO 木製キーボードリストレストの外箱

 

中を開けると2つのパーツがありました。

まずはウッドリストレストが1つ。

あとは、キーボードリストレストが滑らないようにするゴム足的なパーツが2つありました。

FILCO 木製キーボードリストレストの中身

 

ゴム足っぽいパーツのアップがこちらです。

質の良さそうなゴム足でした♪

FILCO 木製キーボードリストレストのゴム足

 

なお、僕が購入したFILCOのウッドリストレストは、横幅が30cmのものです。

FILCO 木製キーボードリストレストの外箱の説明書き

FILCOのウッドリストレストは、天然木を使っていて、お手入れも簡単!

パッケージの裏面には、FILCOのウッドリストレストの特長が書いてありました。

アマゾンの口コミでは、「ただの木で価値なし」みたいなことも書いてありましたが、箱に書いてある通りの良質な商品です。

FILCO 木製キーボードリストレストの説明書き

 

素材も拘りですね。

僕は、無印良品の木の家に住んでいるのですが、木ってめちゃくちゃいいんですよね。

何が良いって、ずっと使っていると色が変化するところです。

少しずつ色が茶色になっていくんですが、味が出てきてとても愛着が湧いてきます。

 

ナイロンとか布地のキーボードリストレストだと、使えば使うほど、劣化というか見栄えが悪くなっていくんですが、木はまさに逆なのです。

 

お手入れもサッと拭いて終了です♪

FILCO 木製キーボードリストレストの説明書き

柔らかい木で

 

FILCO 木製キーボードリストレストの本体(表面) FILCO 木製キーボードリストレストの本体(裏面)

 

ゴム足を取り付けて、実際にREALFORCEとFILCOのリストレストを合わせてみる

では、組み立てていきましょう。

組立といっても、ゴム足取り付けるだけですねw

FILCO 木製キーボードリストレストの裏面にゴム足を取付

 

ゴム足を取り付けたら、REALFORCEと一緒に置いてみます。

FILCO 木製キーボードリストレストとREALFORCEの図

 

おおおおお!

めちゃくちゃREALFORCEと合っています。

どちらもシンプルなのが良いですね。

 

で、肝心のREALFORCEとFILCOのウッドリストレストの高さを見て見ましょう。

横から写真を撮ってみました。

FILCO 木製キーボードリストレストとREALFORCEの側面からの写真

 

まじでジャストサイズでした!w

次に手を置いていましょう。

FILCO 木製キーボードリストレストとREALFORCEを実際に使ったところ

REALFORCEのキーボードが丁度良い高さにある・・・!

置いた感じは本当に完璧です!

FILCOキーボードリストレスト有りと無しの手首の角度を比較する

では、FILCOのキーボードアームレストの有無で、手首の角度の違いを見てみましょう。

REALFORCEをリストレスト無しで使った場合の手首の角度

REALFORCEをFILCO リストレスト有りで使った場合の手首の角度

 

結果は一目瞭然!

FILCOのキーボードアームレスト有りの方が、手首の角度が明らかに負荷の少ない角度になっています。

手首が上を向いていると結構疲れるんですよね。。

【タイピング動画あり】FILCO キーボードリストレスト有りだとREALFORCEがめちゃくちゃ打ちやすい!

では実際に、FILCOキーボードリストレスト有りで、REALFORCEを使ってタイピングしてみます。

 

 

タイピングのレベルは置いておいて・・・めちゃくちゃ打ちやすい!

あきらかに手首の負荷が軽減できました。

正直、HHKB Type-Sの方が良かったのでは・・と思ったこともあったんですが、すごい打ちやすくなったので、REALFORCEで完全に満足しました。

 

REALFORCEを購入した方は、ぜひ、FILCOのキーボードリストレストを購入することをお勧めします。

まじでめちゃくちゃイケてます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です