睡眠中に足がつった時の対処方。伸ばす・揉む・温めるが効果的

足がつったときは、伸ばす、ふくらはぎを揉む、ふくらはぎを暖める、うちの妻に効果がある方法です。

 

実は最近、妊娠中の妊婦の妻が最近よく足をつります。

妊娠前までは足をつるなんて滅多に無かったんですが、最近になって足をつるようになりました。

 

特に睡眠中。

しかも結構長い時間足をつってしまってとても痛そうにしていて、見ているこちらまで辛い。。

 

そこで色々調べたり、実践した結果、足がつってしまったときにすぐにできる対処方法の中で、効果的で即効性のある治療方法を見つけました。

 

人それぞれだと思うんですが、僕の妻の場合、以下3つが効果的でした。

  • 足を伸ばして楽な体制にする
  • 足首を出来るだけ動かす
  • ふくらはぎを揉む
  • ふくらはぎを暖める

足がつるとはどういう状態?足がつる原因とは?

そもそも足がつる原因とはなんでしょう?

「足をつる」というのは、筋肉がけいれんを起こしている状態。

MEMO

足がつることを「こむら返り」という時があります。

「こむら」とは、ふくらはぎのことで、ふくらはぎがつることをこむら返りと言います。

 

次に足がつる原因です。

調べたところ、

足が疲れていたり、運動して筋肉疲労を起こすと、足がつりやすくなるといわれています。

それ以外で、大きな原因は、体内の水分やミネラルの不足です。

体の水分が不足すると、血のめぐりが悪くなり、足の筋肉が硬くなります。

https://kangonohiroba.net/2018/07/05/ls03_legs より引用

とのこと。

 

つまり、血行が悪くなり、足の筋肉が硬くなることが、足がつる理由との1つということです。

 

足をつったときに効果的だった4つの対処方法

上記にも書きましたが、血行が悪くなり、足の筋肉が硬くなることで足がつってしまう。

であれば、血行をよくして、筋肉をほぐせば良いと言うことです。

 

足を伸ばして楽な体制にする

まずは、足を伸ばして、楽な体制にしましょう。

寝ている場合、足首が曲がっていたりする場合があります。

血が通りやすいような体制にします。

 

足首を出来るだけ動かす

足首などが曲がっていると、血の巡りが悪くなっている場合があります。

もちろん痛いのは分かっていますが、出来るだけ足首などを動かして血の巡りをよくしましょう。

 

ふくらはぎを揉む

ふくらはぎを揉むことで筋肉の硬直をほぐします。

ふくらはぎは、第二に心臓、ポンプの役割をします。

揉むことで筋肉がほぐれますし、血の循環も良くなります。

 

ふくらはぎを暖める(重要)

最後に重要なのが暖めること。

 

僕の妻の場合は、これが結構効いているように思えました。

暖めると血流が良くなりますし、とても気持ちよいと言っていました。

 

ではどうやってすぐに暖めるかですが、2つ方法があります。

季節を問わず使える方法です。

 

1)蒸しタオルを作る

タオルに水で濡らして、軽く絞って、電子レンジで温めます。

これですぐにホカホカにになりますので、これをふくらはぎに当てます。

 

2)最強にオススメ!あずきのチカラを使う

あずきのチカラご存じですか?

こちらが、あずきのチカラです。

あずきのチカラ

https://www.amazon.co.jpより引用

 

本来は、首や肩を温める物なんですが、、、ふくらはぎが攣ったにも超有効でした。

中に小豆が入っていて、これをレンジで2分程度温めるとホカホカになるんですね。

 

しかも保温性も高くて、結構長い時間暖かいんです。

これを当てておくことで、ふくらはぎが暖まり、症状が改善されます。

 

僕は1日中パソコンを使っていることもあり、肩こりや首の凝りがとても酷いんです。

また、妊娠中の妻も肩凝りが酷い場合があります。

 

そんな時はいつも、あずきのチカラを使っています。

 

ちょっと話が脱線しましたが、もし足が攣った場合は、ぜひ試してくださいね。

伸ばす、揉む、温めるです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です