コーヒーの「挽く」と「淹れる」って何?

最近コーヒーにハマっています。

また、先日、全自動コーヒーメーカー シロカ(Siroca) sc-c111を先日購入しました!

シロカのコーヒーメーカーSC-C111を半年使用。最高だけど弱点もあり シロカのコーヒーメーカーを実際に使って、コーヒーを淹れました。

ただ、最初、よく分からない言葉が2つ、「挽く」「淹れる」です。

挽く

挽くとは、コーヒー豆を細かく粉砕することを言います。

挽くための機材は、「ミル」や「グラインダー」というものがあります。

また、挽き方(粒度)はいくつか存在し、挽き方によって味が異なります。

  1. 極細挽き
  2. 細挽き
  3. 中細挽き
  4. 中挽き
  5. 粗挽き

細かく挽くほど、色も味もよく抽出されますが、細かくしすぎると渋みや雑味まで抽出されるようです。一方粗いと、風味が薄くなります。

淹れる

淹れるとは、挽いた豆からコーヒーを抽出することです。

コーヒーについては、UCCのサイトが分かりやすく書いてありました。

参考 美味しいコーヒーの淹れ方UCC copper-mug-和田助の銅マグカップでカフェラテを飲んだ銅のマグカップ購入!上島珈琲のアイスコーヒーの味が家でも楽しめる全自動コーヒーメーカーをお掃除!内部はクエン酸洗浄、他はブラシで美味しいカフェインレスのコーヒー豆は澤井珈琲。妊娠中の妻も愛飲中おすすめの澤井珈琲美味しい、安価、飲みやすい。コーヒー豆なら「澤井珈琲」がおすすめスゴい!ミルク泡立て器のクリーマーおすすめはHARIOだ!【自宅で簡単ラテアート】シロカのコーヒーメーカーを実際に使って、コーヒーを淹れました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です